人気ブログランキング | 話題のタグを見る

6月末引退のキハ66・67

JR九州の長崎地区で活躍中のキハ66・67が2021年6月30日をもって引退するというのをニュースで知りました。
国鉄時代には、筑豊地区で万能型の気動車として、急行「はんだ」や「日田」などにも使用され、JR九州になってから長崎地区へ配置が換わり、長崎本線や大村線の快速「シーサイドライナー」や普通列車として活躍し、約46年間、九州でのみ運用され続けた貴重な車両です。
車内は転換クロスシートを備えており、当時の一般型気動車の中では豪華な設備でした。
筑豊地区での活躍はほとんど知りませんが、長崎地区で活躍していた時には乗車する機会もあり、多少の思い入れもあったため、引退はとても残念😓。
もう2年ほど前になりますが、このキハ66・67を長崎駅と諫早駅で撮っていたので、少し紹介したいと思います。

6月末引退のキハ66・67_a0385725_19504239.jpg
<長崎駅>
長崎旅行の時に長崎駅で撮ったものです。
この日は、長崎本線の普通列車で諫早まで行き、島原鉄道に乗車するために長崎駅で来ていました。
まだ高架駅になる前の旧駅だったので、当時はホームから停車中の車両を近くで撮ることが出来ました。
側線にキハ66・67の早岐行快速列車が停まっていたので早速パチリ。
6月末引退のキハ66・67_a0385725_19504716.jpg
<諫早駅①>
諫早に着いてから、島原鉄道に乗車するまで時間があったので、少し駅撮りしました。
しばらくすると大村線経由早岐行の国鉄色キハ66・67の2両編成が入線してきたので、こちらもパチリ。
この列車、長崎本線の旧線回りだったので、途中で乗れたはずだったのに、そこまで考えが及びませんでした。


6月末引退のキハ66・67_a0385725_19581823.jpg
6月末引退のキハ66・67_a0385725_19582300.jpg
<諫早駅②>
諫早駅でしばらく待ってると長崎行の快速シーサイドライナーが入ってきました。こちらの方はシーサイドライナー色とハウステンボス色の4両編成のキハ66・67でした。
キハ66・67がそれぞれ並んでいる姿はかっこいいですねー。

6月末引退のキハ66・67_a0385725_19510624.jpg
6月末引退のキハ66・67_a0385725_19511216.jpg
<諫早駅③>
ディーゼル特有のうなりを上げて快速シーサイドライナー長崎行は出発していきました。
この日、諫早駅でそれぞれ違った塗装のキハ66・67を撮ることが出来て良かったです。
ただ、これらの列車に乗らずにいたのも、今にしてみれば悔やまれますね・・・。
多分、もう二度と現地で見ることはないかと思いますが、6月末まで最後の活躍を温かく見守っていこうと思います。

<2019年3月31日 撮影>
by hiro7355 | 2021-06-04 13:09 | JR九州 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tetsu2019.exblog.jp/tb/241013202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 福島臨海鉄道の貨物列車 大村線千綿駅の夕景ーキハ66・... >>